確実に避妊するには | 避妊薬として服用するピルは常に常備しておこう!

確実に避妊するには

少しの気のゆるみが招く災難

大好きな人と性行為をする場合であっても、妊娠はしたくないという女性も多いのではないでしょうか。妊娠をするのはとても不安ですし、相手としっかりと考えて妊娠したのではなく思いもよらない出来事で妊娠してしまう場合には、相手がどう出てくるのかも心配ですよね。確実に避妊したいという女性は、低用量ピルを服用して安心して性行為ができるようにしてみてはいかがでしょうか。避妊方法として、最も効果の高い方法が低用量ピルを服用することです。低用量ピルを服用すると、ホルモンを調整することで脳に妊娠しているという勘違いをさせます。そうすることで、排卵を抑え、受精することができない状態にします。排卵がなければ受精することができないので、もちろん妊娠することもありません。
低用量ピルを服用している間は効果は続きます。避妊したいと思っている間は、低用量ピルを服用し、この人となら妊娠してもいいと思った際に、低用量ピルの服用をやめることで生理が始まり、妊娠できるようになります。低用量ピルは、3種類のタイプがあり、それぞれのタイプによって飲み方が違っています。1相性タイプであれば、一定量のホルモンを配合しているため、毎日決まった時間に1錠ずつ飲めばいいのですが、2相性タイプと3相性タイプの低用量ピルの場合は、ホルモンの配合が薬によって違っているため、どの薬をどの時期に飲むのかが決まっています。そのため、飲む順番を守らなければいけませんが、使用するホルモンが少ない分、1相性タイプの低用量ピルよりも副作用を引き起こす可能性が低く、安心して服用することができます。ただ、飲み方を間違えれば効果は無くなるので注意が必要です。医師の指示に従って言われた通りの飲むようにしましょう。確実に避妊をするには、毎日決まった時間に低用量ピルを服用することで、確実に避妊することは可能です。